近所に配慮する

洋風の三角屋根

注文住宅は建売住宅よりも費用が必要で、それだけにこだわる人がほとんどです。しかし、自分の家のことを考えるのに一生懸命になりすぎて、隣家のことを考えていなかったと言うことではいけません。 都市部の住宅密集地に注文住宅を建てる場合、隣家と密接して窓が開けられないことがよくあります。窓が開けられなければ、採光も期待できません。その場合、敷地に余裕があれば中庭をつくりましょう。 また、窓は採光や通風だけでなく、防犯のことも考えなくてはいけません。防犯ガラスや防犯フィルムなどを使って対策をしましょう。しかし、プライバシーを重視しすぎると敷地内に死角ができるので注意が必要です。窓に防犯対策を施すことも大切ですが、注文住宅を建てるなら死角をなくす工夫をしましょう。

せっかく高いお金を出して注文住宅を建てるのだから、十分な採光と開放感を得たいと願う人は非常に多いです。その二つを得るには、当然窓が必要になってきます。しかし、家の中を覗かれることは避けなければいけません。開放感とプライバシーは相反するものであり、どちらかを優先すればどちらかを捨てなければいけないことが多いのです。 ですから、どちらも捨てたくない場合、隣家の窓の位置やどこから光を取り入れるかしっかり考えなくてはいけません。隣家の窓がないところに窓を設けるのは当たり前です。さらに、隣家の窓と高さを変えて目線をずらすと言うテクニックも覚えておきましょう。そして、光は高窓から取り入れるのが基本になります。