時代の流れ

雪国の素敵な家ですね

住宅を購入する際、多くの方が新築一戸建てを希望されていることでしょう。新築一戸建てはそれぞれの家庭の生活スタイルにあった間取りが実現しやすいため、ファミリー世代への需要が高いのが現状です。 さて、国内の新築一戸建ては、1964年までは4畳半と台所スペースの組み合わせという狭い物件が一般的です。1964年からは東京を中心に鉄道が発達し、沿線開発が進んできたのです。従って、大都市郊外エリアにも新築一戸建てが建設されるようになってきたのです。 1970年代からは一戸建ての生活水準も上がり、冷暖房付きが一般的となってきたのです。また、1981年より新耐震基準が制定され、巨大地震に対応するようになってきたのです。 現在の新築一戸建てでは、多種多様な物件があり、省エネへの工夫を凝らした物件が増えて来ているのです。

新築一戸建ては現在、様々なタイプの物件があり、中でも省エネに対する工夫は現在の物件では必須となりつつあるのです。例えば、将来的にはアパートやマンションでもエコキュートの設置が一般的になることが考えられるのです。また、最近では省エネ法が義務化へ向かっているため、今後は窓や床材など、断熱性に優れた物件が一般的になるでしょう。 さて、近年では分譲住宅の開発が地方でも積極的に行われており、手軽に一戸建てを購入できるのが現状です。分譲住宅の場合、不動産業者が広大な土地に複数の物件を建設するため、土地代が安くなるのが特徴です。また、マンションと違って開放感があるためファミリー世代への需要が高まることでしょう。