宝の持ち腐れ

レンガ作りの豪華な注文住宅

何らかの事情で、使われていない土地を有効活用するために、不動産会社では様々な提案を行っています。 一般的に土地の有効活用方法としてポピュラーなのが、賃貸マンションやアパートの経営か、駐車場経営になるのではないでしょうか。 土地の特徴や条件により、どの運用方法が良いのか、不動産会社に相談してみるとよいでしょう。 公共交通機関が近隣にあるなど、利便性の良い土地の場合は、マンションやアパートの経営を進められるケースが多くなります。 駅やバス停などが近隣にある賃貸マンションやアパートは、人気が高くなることから、安定した家賃収入を見込めるからです。 また、相続対策など、節税面でもマンション経営は有利になるケースがあります。

近年注目を集めている新たな土地活用の方法として、高齢者用の施設の建築を挙げることが出来ます。 不動産は一般的に、駅近隣エリアなど、利便性の良い土地が好まれる傾向があります。 しかし、高齢者施設の場合は、利便性の良さより静かな環境が好まれる場合が多いことから、これまであまり注目されなかったエリアの土地でも、積極的に買い取られる傾向が見受けることが出来ます。 この背景には、少子高齢化と言う社会現象を挙げることが出来ます。今後高齢者はますます増えていくことから、高齢者用住宅の需要及びニーズは高まると言えます。 また、税金面での優遇や補助金なども利用することが出来るため、新たな形の土地活用として、注目を集めています。